HOME > にしばたストーリー > STORY 3 これからのにしばた

これからのにしばた

カレンダー業界トップシェア企業としての誇り

全国各地のお客様へカレンダーをお届けするべく、にしばたは日本屈指の製造ラインを保持し、企画・開発から、製造・販売・物流までを一括管理する独自のシステムを構築しました。また、福井県を拠点に、東京、大阪、名古屋、福岡に営業所を開設して販売網を拡充し、さらに500店以上もの代理店を開拓。こうして日本全国のお客様へのワンストップサービスを実現させています。
時代のニーズにも対応し、カレンダー製本は金具製本から紙製本へ。そして、ユニバーサルデザインへの取組みや、環境への配慮にも真摯に向き合ってきました。すべては、一人でも多くのお客様に、より魅力的なカレンダーをお届けするためです。 いまや、カレンダーのトップシェアを占めるに至りますが、その製造量に堪え得る設備の保有や、最新機器の導入といったあらゆる柔軟な対応こそが、にしばたの強みであり、誇りであると考えています。

製造能力のある量販店から直販部門を持った総合メーカーへ

お客様のニーズは年々多種多様化しています。これまで以上に高付加価値な商品の開発やトータルサービスのご提案も我々の使命です。そのため、自社企画品の拡充や企画部門の確立、カレンダーにとどまらないその他販促物の商品開発にも一層注力して参ります。

これからのにしばたが目指す姿は「カレンダーの総合メーカー」。業界内・外を見据えた引き続きの設備投資による製造能力のさらなるアップ、ITを活用したコスト削減や販売網の強化による営業力のアップを図り、製造能力のある量販店から直販部門を持った総合メーカーへの進化を目指します。

デジタル化の進むこの時代に紙のカレンダーに新しい価値を創造し時代をリードすることは、前途多難ではあるかもしれません。それでも、創業以来の精神を貫き、にしばたはこれからも挑戦し続け、暦を作り続けていきます。

STORY 1へ STORY 2へ